カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

観葉植物の販売に自信あり! スタイリッシュな鉢も販売しています。ごゆっくりご覧ください。

ウンベラータ 取り木の方法

今回は今、大人気のフィカスウンベラータの登場です。

現在の状況は樹高が120cmあり8号鉢に植えています。

葉が傷んでバランスが悪くなっているために半分くらいの高さから切り戻してバランス良く仕立てていこうと思っています。

ただ、今回は切り戻すだけではなく、取り木をして切った部分を再利用していきます。

フィカスウンベラータは挿し木をしても、なかなか根が出なく枯れてしまいますので取り木をして増やしていきます。

ここでは取り木によるウンベラータの増やし方を写真を付けて説明していきたいと思います。

取り気はウンベラータに限らず他の観葉植物にも対応できますので是非挑戦してください。

まず『取り木』について少し説明いたします。

これは植物を増やすときの方法の一つで枝や幹に部分的に傷を付けたり、幹の周囲をぐるりと皮をはいで、その部分を乾燥させないように湿らせた水ごけなどで巻いて、根を出させる方法です。

ある程度、根がでたら切り取って別の鉢に植え込み増やす方法です。

それでは、早速取り木に取り掛かります。今回は幹の周りの皮を全部はいでいきます。下部の写真は皮をはぐ場所の上部と下部に切り込みを入れているところです。

この時、皮の部分だけに傷を入れるようにして下さい。皮をはぐ間隔は3cm程です。

ウンベラータの取り木  ウンベラータの取り木

下の写真が皮をはいでるところです。はさみでもカッターでも良いですが綺麗に切れる刃物を使ってください。

はぎ取る皮の厚さは5ミリ程度です。これは植物によって変わりますが白い部分が出て来るくらいはいで下さい。薄すぎると緑色でこれでは不十分です。

白い液が流れてきますがこれは樹液で気にせずにはいで下さい。

ウンベラータの取り木   ウンベラータの取り木

次は皮をはいだ部分に水ごけを巻いていきます。

手のひらにたっぷりの水ごけをのせます。これを幹を握り締めるように手のひら全体で強く幹に押し付けてください。この時、幹全体に水ごけがいきわたるようにして下さい。少ない場合は補足して出来るだけたくさん使用して幹を巻いていきましょう。水ごけの量が少なすぎると、すぐに乾燥して後で手が掛かってしまいます。

ウンベラータの取り木   ウンベラータの取り木   ウンベラータの取り木

次に、巻いた水ごけが落ちないように用意したビニールなどで全体を覆って固定します。このビニールは水ごけの乾燥を防ぐ役目をします。

その他、重要な役目は根がどのくらい出てきたか確認する為に中が見える透明のビニールを使用してください。ビニールで覆ったら上部と下部を紐で結んで固定してください。中の水ごけが乾燥した場合、上部から水を与えますのであまり強く結ばないようにしましょう。

ウンベラータの取り木   ウンベラータの取り木      

これが取り木の下準備が出来た状態です。

通常の水遣りの時に必ず水ごけを巻いた部分にも水を与えるようにして下さい。水ごけが乾燥してしまうと上手く根が出てきませんので十分注意しましょう。

この状態で、2週間から3週間程度で切り離せると思います。今後の変化にも期待してお待ち下さい。

ウンベラータの取り木   ウンベラータの取り木

下の写真は、前回より1ヶ月近く経ちました。

ご覧のように水苔の中に根がたくさん出てきました。下右の写真はビニールを取った状態です。このように十分に根が出てから切り取るようにします。

ウンベラータの取り木   ウンベラータの取り木

ここまできたら後は切り取りです。

水苔で巻いていたところの下からはさみで切り取ります。切り取ると大量の樹液が出てきますがこれは健康な証拠です。気にせずに次に進みます。

注)樹液が服に付くと取れにくいので気を付けてください。

切り取ったらバケツなどに水をためその中に水苔がつかるように漬け込んでください。これはウンベラータが弱らないように切り取ったらすぐに水を吸わせて下さい。切り離したまま時間が経つと水が完全に切れてしまい弱ってしまいます。

ウンベラータの取り木   ウンベラータの取り木   ウンベラータの取り木 

下の写真が切り取った後の元のウンベラータの姿です。

数枚残った下葉は取り除いてしまいます。この幹だけになったウンベラータが今後、綺麗な新芽を吹いてきますので見守っていて下さい。 

ウンベラータの取り木    ウンベラータの取り木   ウンベラータの取り木

最後に切り取ったウンベラータを別の鉢に植え込んでいきます。

十分に水につけた後取り出して、すぐに準備しておいた鉢に植え込みます。水苔のまま土に埋めてください。土を十分入れてウンベラータが動かないように十分押さえて固定してください。その後は水をたっぷりかけて下さい。しばらくは直射日光が当たらない場所で管理しましょう。

1週間もすれば根が活発に伸び始め鉢全体に張ってきます。最初は根が張っていませんので水を切らさないように注意してください。

これで、ウンベラータの取り気の作業は終了です。

取り木をされる時期は4月から10月くらいで、気温が15℃以上あるときが適しています。

ウンベラータの取り木   ウンベラータの取り木